鯉の種類と生態系について

昔、料亭で鯉こくというのを食べたことがありますが、思っていたよりも堅い食感で少しばかりショックを受けた記憶があります。もっと美味しいのかと思っていたのですがわたし的にはそれほどでもなかったです。食べられる鯉というのはやはり観賞用とは違うのだと思うのですが、お城の外堀にいるようなグレーの鯉なのでしょうか。外堀の鯉といえば、あのように池にいる鯉はだいたいグレーですが中には朱色や金の鯉がいますよね。それっていつも思うのですが、商店街のガラガラ抽選機に入っている当たり玉みたいだなと。ほとんどが白で当たりは色付き..みたいな。鯉ってきれいな場所に住んでいるのかと思っていましたが、意外にあまりきれいではない川などに生息しているようです。うちのマンションの前にあまりきれいではなく、全く透き通ったりしていない小さな川があるのですが、ベランダから川を覗くと、鯉や亀などが結構泳いでます。それが意外に楽しくて、洗濯物を干したりするときなどいつも眺めて、鯉を探すのが結構楽しいです。

錦鯉の種類と生態系について(文字通りに「錦織にしたコイ」)、一般的に鯉は、池および水生植物園の中で観賞用として飼われている種類です。さらに、それらは日本のコイと呼ばれます。鯉は、ジン・ダイナスティ中に古代の中国で共通のコイから開発されており、その後日本と朝鮮へ移された。それらは愛と友情のシンボルのようにまだポピュラーです。様々な色および色パターンは、それ以来改良されて作られました。共通の色は白、黒、赤、黄色、青およびクリームを含んでいます。鯉は、元々アジア周辺が原産と言われていて、日本でも化石として発見されていることから、古来から生息していたことが確認されています。日本では観賞用として様々な品種が作られ取引が行われていますが、高いものになると1匹4000万円もするものもいるのだそうです。鯉の種類と生態系についての品評会などでは1000万クラスのものは珍しくないようです。また、鯉の種類と生態系について、食用とする場合には泥臭いため、半日以上きれいな水にいれて臭みを取るとよいそうです。また、フグと同様で、毒を持っている部位があるため、調理する際には十分に注意が必要です。まれに鯉の毒にあたり、死亡することもあるといいます。

歴史

コイは、もとは中央ヨーロッパとアジアで見つけられた魚の大きなグループです。様々なコイ類は、東アジアで飼育されました。ここでは、それらは食用魚として使用されました。コイの様々な気候および、水質条件に適合する能力は、飼育された種が日本を含む多くの新しい地域へ広められることを可能にしました。プロシアのコイの品種改良は金魚の開発に結びつきました。

「錦織にしたコイ」および漢字の両方は、古代の中国から最初に付けられました。魚は、ジン・ダイナスティに最初に記録され、唐と歌の王朝においてポピュラーになりました。それは唐詩および宋慈の中の文字どおりの要素になりました。唐詩人のようには以前「ワイヤーの鳥のチベットのハス、島のまわりの鯉は影」を書きました。後の文の文字どおりに「錦織にしたコイは島の影のまわりで泳いでいます。
共通のコイは、600年前に、中国経由で日本へ最初に導入されました。共通のコイは、最初に本州島の北の東部海岸の新潟県の小千谷の町で1820年代に誕生しました。20世紀ずつ、多くの色や赤く白い紅白パターン、は最も顕著に確立されました。外部の世界は、1914年まで鯉は、色変化の開発に気づいていませんでした。新潟鯉の種類と生態系について、東京の毎年の説明会で示されました。結局世界的に広げられた鯉の種類と生態系についてを維持する趣味。古来から中国では鯉の種類と生態系についてが滝を登ると龍になるという言い伝えがあり、縁起の良い生き物として考えられています。その言われが日本へと伝わり、端午の節句で知られる鯉のぼりとなったそうです。また、昔の日本では全国各地で鯉を食べる習慣があったようで、海のない内陸の地域でも鯉は生息しているため、新鮮な魚が流通しない地域の貴重なたんぱく源となっていたそうです。

起源

共通のコイは、北部を囲む自然の生息地を備えたカスピ海から始まったと広く考えられます。バルト海、地中海、黒、アゾフ、カスピ海、またアラル海。共通のコイは、様々な気候および水路に残存し適合する能力を備えた食用魚として、北アメリカ、アフリカ、ヨーロッパおよびアジアを含む様々なエリアへ物々交換され広げられました。

歴史的記録物は、色変化を備えたコイが中国で見つかったことを示します。しかしながら、品種改良(真実の錦鯉の種類と生態系について)のために維持された別個の色を備えたコイの中で最も初期の記録が、日本(ドーソン)で見つかりました。異なる色変化を備えた、コイあるいは「鯉の種類と生態系について」の描写は18世紀の日本の図面および絵画上で見つかりました。コイの装飾的な耕作は日本の江戸時代に日本の新潟地域で始まりました。

鯉の種類と生態系についての歴史は、日本の新潟県の18世紀から始まりました。水田を動かすファーマーは、色が他のものより明るく何匹かのコイに気づくでしょう。そして年月の経過とともに、多くの色や赤く白い紅白パターンは、最も顕著に確立されました。外部の世界は1914年まで開発の程度を知っているようになりませんでした。新潟鯉の種類と生態系について、東京の毎年の説明で示されました。そのポイントでは、鯉の種類と生態系についてに対する関心は日本の至る所で爆発しました。鯉は、低い死亡率でこれらの要因によって世界的に送ることができました。鯉の種類と生態系について、一般に今、専門家ディーラーから利用可能なより高品質の魚と共にほとんどのペットショップで売られます。

鯉の種類は彩色、パタニングおよびうろこの配列によって識別されます。1980年代に開発されたゴースト鯉について、野生のコイのハイブリッドです。それらの鯉ついては錦鯉と考えられませんが、ここで考慮されます。あるいはドラゴン・コイとして知られている蝶鯉について、さらに1980年代に開発されており、それらの長く流れるフィンで、実際にアジアのコイを備えたハイブリッドで、ゴースト鯉の種類と生態系についてのように、真実の錦鯉と考えられません。

鯉あるいは錦鯉について(ひげのあるコイ)は、庭か池で通常見つけられる一種の装飾的な魚です。それらは飼育されたコイで、「特大の金魚」として無学の人々によってしばしば誤解されています。鯉は別個の採色、パターンおよびうろこの配列があり、 鯉の魅力でもあります。鯉は日本芸術の一つです。

一流ホテルや旅館などには、大きな池があり鯉がたくさん泳いでいることがあります。先日もホテルニューオータニに行ったところ、とてもきれいな庭園がありました。そこには池があり、鯉もたくさん泳いでいて、とっても優雅で素敵でした。こどもと手をたたいてみると、餌をくれると思ったのか、たくさんの鯉が口をパクパクさせて寄ってきました。ちゃんと分かっているんですね。

ECサイト 構築 97

海外でも人気の錦鯉

先日、家でテレビを見ていたら錦鯉の特集がやっており、私も鯉が大好きなので思わず食いついて見入ってしまいました。番組では海外の人が日本庭園を造ってそこで錦鯉を飼っているという面白い光景が映し出されていました。錦鯉は海外にもマニアがたくさんいるそうで、繁殖して売る人もいればただ愛でるために飼育している人もいました。冬の寒い時期には保温シートを被せたり、餌にも気を遣っていて本格的でした。私の家も庭があるくらい広ければ池を造って飼いたいのですが、車を置いて自転車2台置いたらいっぱいいっぱいの敷地なので夢のまた夢です。

Copyright © 2010. All rights reserved. 鯉の種類と生態系について.