丹頂鯉

丹頂は頭の赤く染まっています。最も一般的「丹頂 紅白」(丹頂を備えた完全に白だけの鯉)、「丹頂 三色」(四郎べっ甲に似ている墨、および丹頂を備えた白い鯉)および「丹頂昭和」(丹頂を除いて赤い印のない昭和三色)である、などがあります。しかしながら、「丹頂 五色(丹頂を備えた5つの色の鯉)」、また、「丹頂 」はまれです。丹頂、単一の独立した種類の錦鯉を形成せず、それらはすべて紅白、大正三色あるいは昭和三色から生じる場合があります。それらの赤い印は、偶然現われます。あなたがそのように望んでも、理想の丹頂を容器で生産することができません。鑑賞のための本質的なポイントは頭地域の赤い印です。頭の中心に位置した赤い印は、最上です。さらに、頭の赤い印を引き立たせるのが白色であるので、白い皮膚は重要です。丹頂 三色の墨および丹頂昭和はそれぞれと同じです。

丹頂にについて

日本の丹頂は頭に赤い印があるものをさします。丹頂を始め鯉類は、とても長生きをする生物です。

中心上に円形の赤い印をもった丹頂。それは日の丸にとても似ていることから、丹頂のこの紅白は日本人にとても愛されています。

他のいくつかの種類の丹頂が丹頂 三色、丹頂昭和および丹頂 五色など含んでいます。

丹頂は意図的に生産されるものではなく、偶発的に産まれるということがとても重要ポイントです。2つのすばらしい紅白を掛け合わせることにより、丹頂になる確率を高めることができます。また、若い丹頂は水質によるストレスを受け、赤を失うことがあります。一旦赤がなくなってしまうと、赤は返りません。

丹頂を購入する場合、頭のみの上に強い赤を持っている鯉を捜してください。どんな鯉でも健康で丈夫な個体を選ぶことは基本です。これが鯉を選別する最初のポイントですので、どんなに好みの柄であっても健康状態が悪ければ、選ばない方がいいでしょう。
白および皮膚の光沢はさらに重要なポイントです。しかし、これらは与える餌によって生み出すことが可能です。
丹頂 三色か丹頂昭和を選択する場合、墨(黒)が未発達だろうと心配します。そしてそのために、若い鯉において不明瞭な場合もあります。

971 6/4
 

Copyright © 2010. All rights reserved. 鯉.